7つの言語、7つの世界」という書籍の演習問題をやるために,それらの言語の Jupyter Kernel の入った Jupyter Notebook を作っている.

長くなりそうだったので2回に分けて,今回は後半戦.

ちなみに出来上がった Docker イメージはコレ

前半

前半では,Ruby, Io, Scala, Clojure, Haskell を手元でビルドした.

公判では,Prolog と Erlang をビルドして,7つの言語の入った jupyter notebook を完成させる!

作る

Prolog

二転ぐらいする.

Jupyter の公式のリスト を見ると,ひとつ Prolog Kernel があった

言わずもがな, Build できない. jupyter のバージョンが古い. README に書いてあるように,pip3 install --upgrade calysto-prolog しても動かないので,fork して書き換えることにした.

あまり,Python に詳しくないのだが,setup.py をいじるようだ.

結果こんな感じ. たしか、この Isuue を参照した気がする.

もともとは kernel_spec のインストールと setup が一緒に実行されてた. が,今の jupyter は jupyter kernelspec installkernel_spec のインストールを行うので,分けた.

Dockerfile を書いておいたので,ビルドの仕方はそれを参照してほしい(Dockerfile 便利).

あとでプルリク投げてみよう.

Prolog の構文ががが

うまくできた!と思って jupyter notebook (console) を起動するも…

書籍のサンプルコードが動かない…(friend(wallace, grommit)?True でないといけない.).

等価演算子 = などの論理演算子がデフォルトでないのだ. それもそのはずで,Calysto Prolog は Python で書かれた,独自実装のコンパクト Prologだった. それぐらい知っとけという話だ.

流石にサンプルが動かせないと 本末転倒 なので,自分で Simple Kernel を書くことにした.

できたのがコレ. これ自体は Io 言語のときと同じ様に作った. 簡単だった.

Erlang

結論: うごかない

これもバージョンのせいだと思うのだが,リストにあった IErlang がビルドできない. escript をいじってみたり、ierl_script.erl を書き換えてみたり,いろいろ試してみた. 前には進んだんだが,最終的に session socket がどーのこーのと怒られて,IErlang でパッチ当てて IPython のコードを直接書き換えてる部分なのでお手上げ侍(書き換えられたら他の言語が動かなくなるかもだし).

直してくれてる Fork もないし,時間かかりそうだからあきらめた.

で,Io・Prolog と同じように simple kernel を書くことにした.

変な数字が入る… 原因は簡単で,simple kernel を書くときに使っている,replwrap というライブラリが,プロンプトの区切り文字を単純にしか区切らないから. つまり

def _start_erlang(self):
    sig = signal.signal(signal.SIGINT, signal.SIG_DFL)
    try:
        self.erlangwrapper = replwrap.REPLWrapper("erl", "> ", None)
    finally:
        signal.signal(signal.SIGINT, sig)

で,プロンプトの区切り文字を "> " で指定してるのだが,erl は

1> 1+1.
2
2> 2+3.
5
3>

となり,"> " よりも前に行番号みたいのが入る. これはやっかいで,動的に変化するプロンプトの文字を区切れるかが分からない(方法はあるかも).

いろいろ考えたが,これ以上弄ってたら終わらないので,諦めた. ちくしょう.

Scala がおや?

さぁ合体しようと思ったら,急に変なエラーが出てきた. apt-get update が通らない.

Scala の sbt をインストールしてる URL https://dl.bintray.com/sbt/debian/Release がダメみたいである. ここ最近の事象みたいで,StackOverflow にあった

しょうがないので,scala 同様に GitHub からダウンロードしてくるように変更した

合体

やっと合体

$ stack exec -- docker-marge ../Dockerfiles/iruby/Dockerfile ../Dockerfiles/iio/Dockerfile ../Dockerfiles/iprolog/Dockerfile ../Dockerfiles/iscala/Dockerfile ../Dockerfiles/ierlang/Dockerfile ../Dockerfiles/iclojure/Dockerfile ../Dockerfiles/ihaskell/Dockerfile > ../Dockerfiles/jupyter/Dockerfile
$ cd ../
$ docker build -t jupyter-seven-lang Dockerfiles/jupyter/Dockerfile

あいかわらずものすごい時間がかかる(とくに Haskell)が手元ではビルドできた.

Docker Hub で自動ビルドしてもらったところ…

build finished とか build cancelled とか出る. なぜ…

ビルド時間のせいかもと思って,Haskell とそれ以外に分けた. でもダメ.

やっぱり,メモリの上限があるみたいで,手元では,3GBないと IHaskell をビルドできなかったので,そのせいだろう.

しょうがないから,docker push してあげた. これもいずれ直したい…

できた

壮観

おしまい

Erlang は悔しい…. 何とか,Erlang を読めるようになって動くように修正したい.

それと,本の演習やらなきゃ(わすれてたw)