自分は Haskell アプリケーションの Docker イメージを作るのに stack image コマンドを愛用している. しかし,悲しいことに stack v2 からはこの機能が無くなってしまう のだ. ということで,代替方法を考えてみた,というお話.

tl;dr

matsubara0507/whoami というリポジトリで試したので,その PR をみると良い:

結論としては stack の --local-bin-path オプションと Docker Integration を使って Docker イメージ用の実行ファイルをワークディレクトリに置いて,docker build でコピーしているだけ.

stack image コマンド

簡単に今は亡き stack image コマンドを説明する. このコマンドは stack image container というサブコマンドにより,stack.yaml の設定を元にして実行ファイルだけを含んだ Docker イメージを作ってくれる. docker コマンドで普通にイメージを作るのと違い,.stack-work のビルドキャッシュをホストマシンのローカルに保存し,利用してくれる. そのおかげで2回目以降のビルドも高速に行える(stack による初回ビルドはとても時間がかかる…).

使い方は簡単で,次のようなのを stack.yaml に記述し stack --docker image container とするだけ:

docker の方の設定は Docker Integration と呼ばれるもので,repo で設定したイメージのコンテナ内で stack のビルドをしてくれる(こいつがローカルの .stack-work を利用する). image の方の設定が stack image の設定で,base が作成するイメージのベースイメージだ. やってることは実行ファイルを .stack-work からコピーしてくるだけで,ベースイメージが Docker Integration のイメージと同じ OS であればちゃんと動作する.

さて,冒頭に書いた通り,この機能は stack の新しいバージョンでは無くなってしまう

Remove the stack image command. With the advent of Docker multistage builds, this functionality is no longer useful. For an example, please see Building Haskell Apps with Docker.

マルチステージビルドができたし,あんまりこれもう便利じゃないよね,とのこと. 代わりに「Building Haskell Apps with Docker」という記事を読むと良いらしい.

マルチステージビルドする

上記リンクではマルチステージビルドを使えと書いてある. 多分こんな感じ(試してない):

stack の Docker Integration は残ってるので stack --docker build とすることで Docker コンテナ内でのビルド自体は実行される(これによってローカルにキャッシュが作られる). 一つ目のステージでは stack install により .stack-work 内の実行ファイルを /root/.local/bin にコピーし,二つ目のステージではさらにこれだけを最終的に作られるイメージにコピーしている. ちなみに,/root/.local/bin は stack が決めてるローカル実行ファイルを置くパスで,stack path で確認できる(OS によって違うはず).

でもこれ一つ欠点があって. docker build するときに,肥大化しがちな .stack-work をいちいち上げる必要があるので,だんだん docker build の時間が長くなる(最近作ってたアプリケーションは4GBになってしまって…). .dockerignore で無視できれば良いのだが,それだと stack insatll できない(.stack-work 内の実行ファイルのパスは resolver や GHC のバージョンなどで変わるので,これをイチイチ .dockerignore に書くのはめんどくさい).

local-bin-path オプション

docker build する時は .stack-work を無視したい. じゃぁどうするか. 一つ目のステージでやっているのは既に出来上がった実行ファイルを stack install を使って分かりやすいパスに持ってきてるだけだ. そこで気づく,それを上書きするオプションがあるのではないかと. あった:

stack --local-bin-path=any_path install とすることで任意のパスに実行ファイルをコピーできる! 知らなかった. あとはここから docker build で実行ファイルコピーしてくるように Dockerfile を書くだけ:

ARG を使ったので次のように docker build コマンドのオプションで指定する:

$ stack --local-bin-path=./bin --docker install
$ docker build -t matsubara0507/whoami . --build-arg local_bin_path=./bin

いい感じ! もちろん .dockerignore.stack-work が書いてあるのでイメージのビルドも速い.

おしまい

これで心置き無く新しい stack のバージョンを使うことができる.