こういう名前は正しくないかもしれないが,ここでは REST API パッケージ(ライブラリ)とは,既存の REST API を走査するための Haskell パッケージのことを指してる. 例えば,既にあるものだと,GitHub APIgithubSlack APIslack-api などがある.

とある事情で,ChatWork API の Haskell パッケージを req ライブラリを使って作ったので,その過程を残しておく.

前回で,基本的なエンドポイント関数は作れた. 今回は,エラー用の JSON が返ってきたときの処理の追加と,(自分流の)テストの追加を書こうと思う.

ちなみに,完成品はココにある.

作る

エラー用の JSON への処理の追加

例えば前回に次のようなエンドポイント関数を定義した(今回は詳細を割愛).

getMe :: (MonadHttp m) => Token -> m (JsonResponse Me)
getMe token = req GET (baseUrl /: "me") NoReqBody jsonResponse (mkHeader token)

次のように用いる.

>> :module Network.HTTP.Req ChatWork
>> token = "xxx"
>> print =<< (responseBody <$> getMe token)
Right (Me {meToAccountId = 1234567, meToRoomId = 9876543, meToName = "\26494\21407\20449\24544", meToChatworkId = "", meToOrganizationId = 13579, meToOrganizationName = "", meToDepartment = "", meToTitle = "", meToUrl = "", meToIntroduction = "", meToMail = "", meToTelOrganization = "", meToTelExtension = "", meToTelMobile = "", meToSkype = "", meToFacebook = "", meToTwitter = "", meToAvatarImageUrl = "https://appdata.chatwork.com/avatar/1234/12345678.rsz.png"})

token という変数は,名前の通り発行した認証トークンを束縛している. API の定義では,ここで間違ったトークンを与えると,次のような JSON を返すということになっている

{
  "errors": ["Invalid API token"]
}

現状の getMe 関数は,Me 型に対応する JSON しかパースできず,この形の JSON はパースエラーとなる(そりゃそう). なのでうまい事 Either 型なんかを使ってラップしてやる必要がある.

まずは,このエラーの場合の JSON 用の型を定義する.

import ChatWork.Utils (strLength)
import Data.Aeson (FromJSON (..), ToJSON (..),
                   genericParseJSON, genericToJSON)
import Data.Aeson.Casing (aesonDrop, snakeCase)
import Data.Text (Text)
import GHC.Generics (Generic)

newtype ChatWorkErrors =
  ChatWorkErrors { getErrors :: [Text] } deriving (Eq, Show, Generic)

instance ToJSON ChatWorkErrors where
  toJSON = genericToJSON $ aesonDrop (strLength "get") snakeCase
instance FromJSON ChatWorkErrors where
  parseJSON = genericParseJSON $ aesonDrop (strLength "get") snakeCase

これと何らかの型を Either 型でラップしてあげる.

{-# LANGUAGE FlexibleInstances    #-}

type ChatWorkResponse a = JsonResponse (Either ChatWorkErrors a)

instance {-# OVERLAPS #-} (FromJSON a) => FromJSON (Either ChatWorkErrors a) where
  parseJSON v = ((Left <$> parseJSON v) <|> (Right <$> parseJSON v))

ついでに,JsonResponse のラップした. こうしておくと,例えば JsonResponse Me と書いてた部分を ChatWorkResponse Me と置き換えるだけで良くなる.

-- getMe :: (MonadHttp m) => Token -> m (JsonResponse Me)
getMe :: (MonadHttp m) => Token -> m (ChatWorkResponse Me)
getMe token = req GET (baseUrl /: "me") NoReqBody jsonResponse (mkHeader token)

Either ChatWorkErrors a 型を FromJSON 型クラスのインスタンスにするには少しだけ工夫が要る. なぜなら,すでに Either e a 型がインスタンスになっているから. そのために FlexibleInstances 言語拡張をして,{-# OVERLAPS #-} を書き加える必要がある.

>> token = "yyy"
>> print =<< (responseBody <$> getMe token)
ChatWorkErrors {getErrors = ["Invalid API token"]}

ちなみに,Either e a 型のインスタンスではダメで,これは Left とか Right とかを含んだ文字列じゃないとパースできない.

(自分流の)テストの追加

で最後にテストを追加しようと思う. TDD的には最悪なのは分かるが,全部手探りで進めたので許してほしい.

理想としては,hspec パッケージを使って次のように書きたい.

import ChatWork.Endpoints.Me (getMe)
import ChatWork.MonadHttpIO ()
import ChatWork.Types (Me (..))
import Network.HTTP.Req (responseBody)
import Test.Hspec (Spec, context, describe, hspec, it, shouldReturn)

main :: IO ()
main = hspec spec

token :: Token
token = "..."

spec :: Spec
spec = do
    describe "getMe: endpoint GET /me" $ do
      context "correct responce" $ do
        it "should return Right me response body" $ do
          (responseBody <$> getMe token) `shouldReturn` Right me

me :: Me
me = ...

しかし,認証トークンを直接書きたくないし,そもそもChatWork API のサーバーに直接通信したくない(サーバーに問題があってもテストエラーになってしまうから). そのために認証の要らないモックサーバーを立てよう.

イロイロ調べた結果 hspecaround 関数や around_ 関数を利用すると,テストを実行する際に任意の IO アクションを実行できるようだ.

around :: (ActionWith a -> IO ()) -> SpecWith a -> Spec
around = ...

around_ :: (IO () -> IO ()) -> SpecWith a -> SpecWith a
around_ = ...

モックサーバーは servant-server パッケージを使って立てる. servant-server の使い方は細かくは解説しない(ググるなり,ぼくのコードを見るなりしてください).

import Network.Wai.Handler.Warp (run)
import Servant.Server (serve)
import Servant

type ChatWorkHeader a = Headers '[Header "Content-Length" Int64] a

type API = "me" :> Get '[JSON] (ChatWorkHeader Me)
      :<|> "my" :> "status" :> Get '[JSON] (ChatWorkHeader MyStatus)
      :<|> ...

api :: Proxy API
api = Proxy

server :: Server API
server = getMe :<|> getMyStatus :<|> getMyTasks :<|> getContacts
    :<|> getIncomingRequests :<|> acceptIncomingRequest :<|> rejectIncomingRequest
    :<|> ...
  where
    getMe = return $ addHeader (LBS.length $ encode me) me
    getMyStatus = return $ addHeader (LBS.length $ encode myStatus) myStatus
    ...

mockServer :: IO ()
mockServer = run 8000 (serve api server)

空文字が返ってきたら [] にする処理を,ヘッダーの Content-Length を見て処理しているので,Headers 型に '[Header "Content-Length" Int64] を与えて,addHeader 関数を使ってヘッダーに書き加えている.

あとは mockServer 関数を IO () -> IO () 型になるようにラップするだけ. ここで,普通に mockServer 関数を実行するとプログラムがそこで止まってしまう. なので,forkIO 関数を使って子プロセスで実行する.

import Control.Concurrent (forkIO, killThread)
import Control.Exception (finally)

runMockServer :: IO () -> IO ()
runMockServer action = do
  tid <- forkIO mockServer
  action `finally` killThread tid

引数の action は(おそらく)実行する Spec 型のテストセットだと思う. プロセスは,テストが終わってから殺してほしいので,finally 関数を使って,そのように指定する.

runMockServer 関数を使う前に,認証トークンと baseUrl を隠蔽して抽象化してくれる,Client 型クラスを定義しておく.

{-# LANGUAGE DataKinds      #-}
{-# LANGUAGE KindSignatures #-}
{-# LANGUAGE TypeFamilies   #-}

import Network.HTTP.Req (Option, Scheme, Url)

class Client a where
  type ClientScheme a :: Scheme
  baseUrl :: a -> Url (ClientScheme a)
  mkHeader :: a -> Option scheme

Client 型クラスを用いると,今までのエンドポイント関数は次のような型に書き換わる.

-- getMe :: (MonadHttp m) => Token -> m (ChatWorkResponse Me)
getMe :: (MonadHttp m, Client a) => a -> m (ChatWorkResponse Me)
getMe client = req GET (baseUrl client /: "me") NoReqBody jsonResponse (mkHeader client)

ちなみに,普通に ChatWork API サーバーとやり取りする場合には次のような型を定義して用いる.

import Network.HTTP.Req (Scheme (Https))

type Token = ByteString
newtype ChatWorkClient = ChatWorkClient Token

instance Client ChatWorkClient where
  type ClientScheme ChatWorkClient = 'Https
  baseUrl = const (https "api.chatwork.com" /: "v2")
  mkHeader (ChatWorkClient token) = header "X-ChatWorkToken" token

そして,テストの場合は次のようになる.

import Network.HTTP.Req (http, Scheme (Http), port)

data TestClient = TestClient

instance Client TestClient where
  type ClientScheme TestClient = 'Http
  baseUrl = const (http "localhost")
  mkHeader = const (port 8000)

そしていよいよ,runMockServer 関数を使って Spec 型を構成する.

spec :: Spec
spec = around_ runMockServer $ do
    describe "getMe: endpoint GET /me" $ do
      context "correct responce" $ do
        it "should return Right me response body" $ do
          (responseBody <$> getMe TestClient) `shouldReturn` Right me

これらを 全てのエンドポイント分 作る…(苦行).

ChatWork.MonadHttpIO とは?

ちなみに,途中でインポートした ChatWork.MonadHttpIO モジュールは何かというと,ただの MonadHttp 型クラスの IO 型のインスタンスである.

import Control.Exception (throwIO)
import Network.HTTP.Req (MonadHttp)

instance MonadHttp IO where
  handleHttpException = throwIO

なんでこんなことをしているかと言うと,req 関数(や req' 関数)を利用するには,MonadHttp 型クラスのインスタンスの中でないといけないからだ. つまり,これが無いと IO 型である main 関数の中や ghci で利用できないのだ.

実はこの問題req-4.0 では既に解決済みで,Req 型を使えばよくなっている. こんな感じに実行できる.

import Data.Default.Class (def)
import Network.HTTP.Req (runReq, responseBody)

main :: IO ()
main = do
  let client = ChatWorkClient "XXXXX"
  response <- runReq def (getMe client)
  print $ responseBody response

おしまい

このあと Haskage や Stackage に登録して,無事作ったライブラリが Nightly に登録された. 次回はその過程も書いてみようかなぁ(ググればわかるんだけど).